未分類

妊娠中検診を受けるべきおりものの変化

投稿日:

妊娠をすることにより、女性の身体にはさまざまな変化が起こります。おりもののその中の一つです。妊娠すると女性ホルモンが強まり、おりものが増加することがあります。
おりものが増加したからといって慌てて受診する必要はありません。かゆみや痛みなど、日常生活に支障をきたす場合にはすぐに診察を受けてください。

カンジダ膣炎などの感染症にかかっている場合があります。また、黄色や緑色のおりもの、茶色や赤色の出血が考えられるおりもの、明らかにいつもと違う腐ったような臭いを感じるおりもの、カッテージチーズのような白いポロポロとした形状のおりものが出た場合にも感染症が考えられますので医師の診察を受けてください。

感染症にかかると、妊娠中のトラブルや赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼす可能性があります。感染症の治療法としては膣に直接入れて治療する膣錠と言われる薬を使用する方法と抗生物質などの飲み薬を使用する方法があります。

かゆみがある場合には患部に使用する塗り薬を併用することもあります。いずれの場合も妊娠中でも安心して使用できる薬が使われます。何も心配はいりません。

妊娠初期の出血が疑われる茶色や赤褐色のおりものの場合には、流産の可能性も考えられますのでまずは電話でも構いませんので主治医の指示を仰いでください。

下腹部の痛みを伴い、茶色のおりものがずっと続く場合や、鮮血が出た場合には急いで受診した方が良いでしょう。妊娠中はとてもナイーブになりますし心配なことも多いでしょうが、少しでも不安なことがあれば一人で抱え込まずに医師に相談することが大切です。

妊娠中のダイエットなら「妊娠中ダイエット!妊婦さんが痩せる妊娠中ダイエット方法」が参考サイトになりますよ♪

-未分類

Copyright© 妊娠中のおりものについて!気をつけるべき病気と感染症 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.