未分類

妊娠中のおりものの臭いがすっぱいのはなぜ?

更新日:

正常なおりものは、少しすっぱい臭いがします。これは、もともと膣内に存在する常内細菌が、外からの病原体や悪影響を及ぼす菌の侵入を防ぐため、膣内を酸性に保っているためで、酸性のものはすっぱい臭いがあるのが特徴です。
そのため、妊娠中におりものの臭いを少しすっぱく感じる程度であれば、まず心配はいりません。しかし、このすっぱさを超えて臭いが強くなったり、いつもと違う臭いがする時は要注意です。

臭いがきつくなり、おりものが泡状になったりする場合は、トリコモナス膣炎にかかっている恐れがあります。

膣トリコモナス原虫の寄生によるもので、感染経路は性行為をはじめ、タオルや浴槽の縁を介しても感染します。早産・流産や、母子感染を起こすことがあります。

また、魚のような生臭さと、緑がかった水状のおりものが出る場合は、細菌性膣炎にかかっている恐れがあります。

疲れやストレスにより、身体の抵抗力が落ちると、膣内の浄化作用が弱まって、雑菌やカビが繁殖してしまうことが細菌性膣炎の原因です。

トリコモナス膣炎と合併して起きるケースも多く、これも放っておくと早産になる確率を高めてしまいます。これらの異常が見られた場合は、早めに産婦人科へ受診して、治療を行なうことをおすすめします。

このように、おりものは女性の身体にとっては健康のバロメーターでもあり、色・テクスチャー・臭いで異常を知らせてくれます。お腹の赤ちゃんの安全のためにも、おりものは日々こまめにチェックしましょう。

-未分類

Copyright© 妊娠中のおりものについて!気をつけるべき病気と感染症 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.