未分類

妊娠初期に見られる茶オリってどんなオリモノ?

更新日:

妊娠中、トイレへ行ったら茶おりがあって驚かれる方や不安になる方もいるかと思います。茶おりとは、子宮の中でなんらかの理由で出血したものが時間が経って酸化し、おりものに混ざって出てくるため、茶色をしています。

つまり、今出血しているものではなく過去に出血したものが排出されたことになります。ではなぜ過去に出血があったのか、その原因をお話したいと思います。

着床出血による茶おり
生理予定日前にある出血をいいます。無事受精した受精卵は卵管を通り子宮にたどり着き、着床するべく卵子は子宮に根をはります。その時に子宮を傷つけてしまう場合があり、そこで出血し茶おりとなって出てくるものを「着床出血」といいます。

検査後の出血
検診の時は膣の中へ器具を入れエコーをするので、その刺激で傷ついて出血して茶おりになる場合があります。

胎盤が完成する前の茶おり
胎児の成長によって子宮の毛細血管が切れて出血することが原因でおこります。妊娠2カ月~4カ月の間におこることが多く、この場合の茶おりは、少量・色も薄い・腹痛もないものが多いです。次にお話しするのが病院で診てもらうべき茶おりです。

絨毛膜下血腫による茶おり
子宮の内側は毛長のじゅうたんのような絨毛という部分で出来ています。その絨毛に血液が溜まって血腫(血の塊のようなもの)になってしまう場合を「絨毛膜下血腫」といいます。
そこから出血してしまう茶おりがあります。絶対安静が必要で、無理して動いて血腫が大きくなってしまうと流産してしまうこともあります。

切迫流産による茶おり
腹痛が長く続き、茶おりも鮮血に変化、量も増えるなどした場合は受診してください。妊娠中はストレスをためないのが一番大事な時期です。

心配ない茶おりがほとんどですが、まれに治療が必要な茶おりもありますので、何よりもストレスをためず安心を得るために病院を受診するのが一番の薬かも知れません。

-未分類

Copyright© 妊娠中のおりものについて!気をつけるべき病気と感染症 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.